がらくた書房 ぐうたら日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 再確認の旅その1

<<   作成日時 : 2012/09/22 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ふと思い立って私達がガーディアンズとして守っているものの再確認をしたくなりまして。
本当に、本当に何気ない日常の風景を写真に納めてきました。

今までいろいろなものと戦ってきたわけですが、
それもこれも守りたい物があったからなわけです。
戦う事自体が目的になっては本末転倒なので今一度、肝に銘じておきたくなったのです。
特にコロニーはひどいこともありましたしね・・・

というわけで、まずはコロニー周辺をぐるっと。

画像

まずはコロニーの中心。
普段は気にしない場所ですが、あの光の一つ一つに人がいるわけなのですよね。

画像

リニアラインの中継ターミナル。
駆け出しの頃はこのあたりのお掃除を頑張ったものです。

画像

オロール展望広場。
初めてリニアラインを抜けきってここに出たときは満天の星に感動したものです。
たとえガーディアンズ入隊以前に観光で来ていたとしても。

画像

ダルガン展望広場。
HIVEでの作戦を終えて一息入れた思い出が多いですね。

画像

HIVE・3号。
侵食された発電衛星も何度も浄化しましたっけ。
エネルギーの塊だから狙われやすいのかもしれませんね。

画像

侵食天体リュクロス。
犬にこまった記憶が一番大きいかもしれません。

画像

ファルス・メモリア。
誰かの夢のなかなのかもしれませんが、綺麗な場所でした。
作戦の合間に数時間話し込んだこともあった気がします。

次いでパルムへ。

画像

ホルテス・シティ、中央地区。
あまり長時間いた事がないのでいまいち印象が薄かったり。
待ち合わせに利用したことがあったでしょうか。

画像

ホルテス・シティ、東地区。
このあたりも駆け出しの頃よく来ましたよね。
草原を駆け抜けることすらままならなかったのも随分と昔に感じます。

画像

ホルテス・シティ、西地区。
GRMに軍の入り口にカフェに。
こちらも結構足を運んだものです。
カフェでひたすら話し込んだりとか。

画像

ラフォン草原、野営基地。
ディ・ラガンとはいったい何度相まみえたことでしょう。
ある意味ガーディアンズの師匠ともいえるでしょうか。
あ、入隊時期によって全然ちがいますね。

画像

ラフォン草原、湖畔公園。
初めてディ・ラガンを倒して飛び込んできた夕日はほんとうに綺麗でした。

画像

海底プラント、臨時拠点。
まだまだ駆け出しの頃、ここの海底研究所でジャーバのメギドに倒れまくったことは結構トラウマものです。
ふんどし先生達と苦労して抜けたときは嬉しかったですね。

画像

デネス湖。
あの馬鹿デカイものが封印装置の一つだと認識するまでに随分かかった気がします。
なにせスケールが違いすぎるので。

画像

フォランの滝。
用があってもなくても足を運んだものです。
皆で雑談のためだけに来たりとかしましたよね。

画像

旧ローゼノム・シティ。
ガーディアンズの墓標のある地、負けたことを突きつけてくる場所。
それはさて置き、季節物のラッピーをよく探しに来たものです。

画像

パラカバナ海岸。
結局今でもまともに海岸の名前を覚えられていなかったりします。
BAとPAがごっちゃになってしまいまして。
着ぐるみが暑苦しいので脱げ脱げよく言われたものです。

画像

同盟軍メトロリニアホーム。
味方のはずの軍が敵に回ると怖かったですね。
連射される弾丸、雷の飛んでくる銃、無慈悲に振り下ろされる剣の林。

画像

同盟軍中央司令部。
癇癪を起こしたマザー・ブレインをなだめるのは大変でしたね。

といった感じで800枚くらい撮ったうちからの抜粋の抜粋になります。
店の中とか看板とか勢いで本当に色々と撮影してきたものでして。
時間の都合でデイズとモトゥブは行っていないのですが、
続きはまた明日ということで。
もう少し、歩いてきますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
再確認の旅その1 がらくた書房 ぐうたら日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる